So-net無料ブログ作成

常設地図(模型バー)「M」にお邪魔してきました! [その他]

#manhotalk へようこそ!

さて、3連休はいかがお過ごしだったでしょうか?前回もちらっとご紹介しましたが、マンホールナイト をはじめとして路上観察好きにはたまらないイベントが全国各地で開催されていましたね。そんな中ご紹介するのは、なんと赤坂のバーなのです!!!バーで、路上観察!?とあまり関係がない感じもしますが、これがたまらない場所でした。
IMG_0404.jpg
その場所は、赤坂見附から歩いて5分ぐらいの常設地図(模型バー)「M」。。。これはまた楽しげな感じですね。


そもそのこのバーはどんなバーなのか?
IMG_8579.jpg
この地図模型バー「M」は「ブラタモリ」の小道具でよく使われる立体模型の制作会社である株式会社ニシムラ精密地形模型の大道寺覚社長が、オープンしたバーなんです。所狭しと壁中に立体地図がディスプレイされていることもあり、地図好きにはたまらない空間です。

どこを見ても地図!
DSC05068.jpg
地図!
DSC05073.jpg
地図!最高ですw

実は正式オープンは11月8日だったのですが、大道寺さんからお誘いをいただきプレオープンの初日11月1日に早速お邪魔させていただきました。この日は、地図関係者や路上観察の大御所たちが、大挙してお祝いに駆けつけてきてました。

せっかくの機会だったので、白浜師匠を誘ってマンホーラーチームとして参加しました。
IMG_6726.jpg

上の写真で手に持っている地図は海底の立体地図です!!
DSC05071.jpg

この立体感たまらないですよね。
IMG_6722.jpg

立体地図の上にプロジェクションマッピングで表現した関ヶ原の合戦なんてものもありました。

これはわかりやすいですね!!無限の可能性があります。

たまたまだったんです、ちこちゃんの放送でコメントを寄せている「境界協会」主宰の小林 政能さんのご本人登場!(←マンホーラー用語ですねw)というミラクルが見れたりして、大盛り上がりの1日でした。
IMG_6743.jpg
あっという間に時間がたってしまいましたが、ほんと楽しい空間でしたね。縮尺によっては路上観察、特にマンホール蓋はあまり関係ないと思ってしまうかもしれませんが、立体地図によって、地面の中の下水道の流れが見えてくるのではないでしょうか?となると、当然マンホール蓋にも関係してきますよねーーー(って、強引ですかね。)

住所:東京都港区赤坂4-3-11(2F)営業時間:18時〜23時30分、土日祝休(イベント開催時を除く)料金:2時間の飲み放題・歌い放題で5500円(税込)、オープン記念として11月末までは5000円(税込)
とのことです。

ぜひマンホール蓋のイベントでこのバーを使いたいと思いますので、企画が固まったらぜひご参加くださいね。

ではまた #manhotalk でお会いしましょう!




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。